空室から検索 プランから検索
観光
五稜郭 函館公園 松前城

幕末に蝦夷地統治の中心的な役割を担っていた
「箱館奉行所」が、可能な限り当時と同じ材質・
工法を用いて五稜郭内に復元!

■当館からのアクセス

 ・お車で15分

 ・路面電車で15分(五稜郭公園前 下車)

  →その後徒歩10分

函館山ロープウェイ山麓駅から125名を約3分で山頂駅まで運ぶ大きなロープウェイは函館観光のメインとして人気があります.。
ロープウェイで山頂に向かうまでは函館市街はもちろん、間近に教会群を見下ろすこともできます。
TEL :0138-23-6288
営業時間 :4/26〜10/31迄 10:00〜22:00
 11/1〜4/25迄 10:00〜21:00
(年末年始は除く)
運賃 :640円
駐車場 :あり
函館山ロープウェイ
標高334mの山頂展望台から、遠くは駒ヶ岳や津軽海峡・下北半島まで見渡すことができ、夜は世界三大夜景の一つともいわれている、宝石を散りばめたような夜景が広がります。
山頂へはロープウェイの他に公共交通機関や自家用車(冬期は閉鎖中)、また登山道を歩いても行くことができます。
展望は特に夕暮から夜にかけての景色がおすすめで、一年の中では秋と冬が一番美しいといわれています。
 
  車 約12分     車 約15分  
TEL : 0138-51-4785
営業時間 :8:00 - 19:00 (4/21〜10/20)
 9:00 - 18:00 (10/21〜4/20 但し、12/1〜2月末までは19:00まで営業)
駐車場 :あり
稜堡と呼ばれる5つの突角を配し、星形五角形を呈する外観から五稜郭と呼ばれています。 7年の歳月をかけて元治元(1864)年に竣工した我が国最初の西洋式城塞。
大正2年からは「五稜郭公園」として一般公開され、昭和27年には「五稜郭跡」の名称で特別史跡として国から指定を受け、 以後国民的遺産として保護・保存の措置が図られ、花見時期の1,600本を超えるサクラは、函館公園と並ぶ桜の名所ともなっています。

五稜郭公園
五稜郭タワー
目の前には函館港が開放的に広がる場所で函館ベイエリアの顔とも言えるスポット。
クラシカルなレンガ造りの倉庫群は、ベイはこだて、函館ビヤホール、金森洋物館、函館クリスマススクエアなどから成り、水際はちょっとした散策コースとして人気も高く、テレビや映画のロケなどにもよく使用されるほど…。
夜のライトアップも綺麗で人気があります。

赤レンガ倉庫群
   
  車 約15分     車 約15分  
営業時間 :10:00 - 17:00
駐車場 :なし
キリスト教が国禁下にあった江戸時代末期にロシア領事館付属聖堂として建てられ、その後に領事館の廃止で日本最初の聖堂として正教会に移管されました。
現在では国の重要文化財に指定されており、白と緑の鮮やかなロシア風ビザンチン様式の優雅な建物は、夜になると綺麗にライトアップされます。
八幡坂
テレビやCMなどにもよく使われる函館の代表的な坂。函館山の麓にあり、まっすぐ海まで伸びる坂を登りきった場所からの眺めは函館湾の摩周丸まで見ることができ、観光客が写真を撮る坂のベスト3に入る坂。
ちなみに、この坂を登りきったところが函館西高校で演歌歌手の北島三郎さんの母校というのは有名な話。

大三坂
坂の入り口にあった宿の印が由来となっており、ハリストス教会に通じています。
日本の道百選に選ばれた坂であり、教会と石畳がある素敵で坂道です。
   
  車 約17分     車 約13分  
電話 : 0138-27-3333
営業時間 :入園自由
駐車場 :なし
港を見おろす高台に、北海道・道南の行政の中心として明治から昭和25年まで箱館奉行所や開拓使がおかれていた。公園の奥には復元した旧北海道庁函館支庁庁舎の洋館を函館写真歴史館として利用、また近くに古いレンガ造りの旧開拓使函館支庁書籍庫などの文化財建造物がが建っている。
TEL :0138-27-2500
営業時間 :8:30〜18:00
(11月〜3月 9:00〜17:00)
入場料 :500円
駐車場 :あり (有料)
明治41年から昭和63年までのあいだ就航した青函連絡船「摩周丸」を係留し公開しています。
80年の歴史を物語る記念館として船内には、歴史や船の構造が分かる展示コーナーや体験コーナーなどがあります。


青函連絡船記念館 摩周丸
いよいよシーズン到来の北海道ゴルフ! 最高のロケーションで思い切りプレーを楽しめます。 雄大な北海道ならではのダイナミックなゴルフプレーが満喫できます。
パークゴルフもお楽しみいただけます。
函館KGカントリークラブTEL:0138-54-4111
函館ゴルフ倶楽部湯の川ゴルフ場TEL:0138-59-2318
函館シーサイドカントリークラブTEL:0138-58-3361
函館パークカントリークラブTEL:0138-55-2552
志海苔パークゴルフ場TEL:0138-58-2984
白石公園パークゴルフ場 TEL:0138-58-4880
すずらんの丘公園パークゴルフ場 TEL:0138-31-6117
 
日本初の海中ネット式海水浴場です。海水浴場は、砂浜が広がり快適に泳ぐことができます。また朝日を見る絶好のポイントです。夏には花火大会も行われます。(徒歩3分) 温室には約300種3000本の南国のめずらしい植物が展示されており、温室中央の展望台からは函館山や津軽海峡も一望できます。サル山では温泉に入る可愛いサルの姿も見られます!(徒歩3分) 湯の川温泉は道内でも有数の歴史を持ち、日量7000トン以上の湧出量を誇る「北海道の三大温泉郷」の1つとして親しまれております。最近できた足湯には昼夜、老若男女問わず大勢の人が心身共に温まりにやってきます。(徒歩3分)
 
トラピスチヌ修道院は、1898年に、フランスのウブシーにある修道院の修道女8人がやってきたのがはじまりです。ここでは、現在も修道女たちが聖ベネディクト戒律を守る生活をしています。そのため院内の見学はできませんが、修道院の生活や歴史を紹介した資料館でここでの生活を見ることができます。売店では修道女たちが作ったマダレナケーキやバター飴、ロザリオ、カードなどが販売されています。(車で10分) 見晴公園内の香雪園は、函館市の素封家岩船峯次郎氏が、明治31年頃から造成した本格的「風景式庭園」です。園内には、茶室風の園亭、渓流や煉瓦造の温室など多様な意匠からなる庭園空間が広がっており,さらに平成13年には文化財保護法に基づく「名勝」の指定を受け、「旧岩船氏庭園(香雪園)」の名で北海道唯一の国指定文化財庭園となっております。(車で10分) ここは石川啄木が愛した大森海岸に整備された小さな公園です。一角には啄木の座像が建っていてその台座には「潮かをる 北の浜辺の砂山の かの浜薔薇よ 今年も咲けるや」の歌が刻まれています。大変景色が美しく海の東側には湯ノ川温泉、西側には立待岬を臨むことができます。海が青く時間がたつのも忘れ、その景色に浸ってしまうくらいきれいなところです!すぐそばには「啄木浪漫館」があり、啄木の生い立ちを紹介するパネルが展示されています。(車で15分)